【ボイトレお悩み相談室】声が裏返ってしまう

LINEで送る

ハンドルネーム : 檸檬さんから ボイトレお悩み相談室に、「声が裏返ってしまう」というご相談を頂きました。

このようなボイトレ解説の更新情報はメルマガにご登録頂くと最新の更新情報をお送りさせて頂いていますので、是非ご活用下さい。

【メルマガ登録フォーム】

メルマガでオトクなボイストレーニング情報を手に入れよう!

さらに今なら、メルマガ登録をすると無料で「ボイストレーニングの教科書」がダウンロードできます

ボイストレーニングの教科書についてはこちら


 

text-book メルマガ登録で届いたパスワードを下記に入力して、「SUBMIT」ボタンを押し、ダウンロードしてください。

【ボイトレお悩み相談】どの音でもひっくり返ります。

ボイトレに通っていたのですが、何年か前に家庭の事情で通えなくなりました。暫く期間が空き、自分で何とかしようと頑張っていたのですが悪い方向へ行ってしまったらしく、声がひっくり返るようになりました。

どの音からひっくり返る とかではなく、全体的にです。高音は高確率ですが、出しやすい音でもひっくり返ります。空いた期間によって喉が弱くなったのか…とも思いますが違う気もします…

なにか解決策はありますでしょうか…。

【回答】声が裏返る原因と解決方法

こんにちは。
ブラッシュボイス 関東代表ボイストレーナーの鈴木智大です。

ご質問ありがとうございます。
早速回答させて頂きます。

声が裏返る原因が幾つかありますので、その原因と解決策をお伝えしていきたいと思います。また、声や喉は個人差があるため、ご質問者様の状態と正確に合っていない場合もあり、解決に至らない場合もございます。ご了承下さい。

声が裏返る原因

  • 呼吸が不安定
  • 発声時の身体を上手に使いこなせていない
  • 喉を閉めてしまっている
  • 声帯の閉鎖が弱い
  • 変声期で声帯が不安定、または声帯に異変が起こり不安定になっている

などが挙げられます。
一つずつ解説いたします。

①呼吸が不安定

歌っている時、話している時、息が安定しなければ声も当然安定しません。
ですので呼吸が不安定になることで、発声自体が不安定になり、音程も不安定になるのです。

呼吸を安定させるためにはロングブレスを行います。
腹式呼吸でたくさん息を吸って、歯と歯の間から「すー」と息の音を出しながらまっすぐ、ブラさずに一定に吐き続けるトレーニングをしましょう。
出来れば45秒以上できるようにすると良いです。

②発声時の身体を上手に使いこなせていない。

これは主にお腹、肩、胸、アゴの状態についてです。
正しい発声とは、体全体をバランス良く使えていなければなりません。
どこか一方に集中し過ぎて、他を疎かにしてしまうということが無いようにしなければならないため、慣れるまで難しいです。

全身を脱力し ⇒ 喉を開きながら腹式呼吸で息を吸い ⇒ お腹を意識しながら発声する。
この際、改めて肩や胸やアゴに余計な力が入っていないかを確認して下さい。

③喉を閉めてしまっている

声帯で声が作られてから口の外へ声が出るまでの距離は、個人差はあるものの大体10センチ前後です。
その短い道のりで通り過ぎる箇所と言えば、喉、口の中です。

そしてその周りで動かせる部分と言えば、喉の筋肉と舌です。

要するに、舌を正しい位置に置き、適切に喉を開くことで声も安定します。

例えば母音の「あ」を例にすると、舌は力を入れず、舌の先端を下歯の裏側へ自然に付くように置きます。
そして舌は盛り上がったりせずに自然な状態にします。

喉は適度に欠伸をする時のように開きます。
すると、息を吐く上での障害物がほとんど無くなります。
障害物が無くなると息もまっすぐに出ますし、声もまっすぐに出ます。

④声帯の閉鎖が弱い

声が出ている時は、2本の割り箸のような声帯がくっつき、閉じている状態です。
この声帯の閉鎖が行われないと、かすれ声になります。
ですから風邪や声帯結節の方は声帯がうまく閉じずにかすれ声になるのです。

声を出している時に声帯が閉鎖するのであれば、
「声帯を閉鎖するトレーニング」=「発声トレーニング」を定期的に行う必要があります。

腹式呼吸や喉の使い方等の基礎を抑えた上で発声トレーニングを行う事で、声帯に負担をかけずに声帯を鍛えることができます。
声を出し慣れていない方は、どんなに正しく発声したとしても、最初は喉が慣れず披露したり声がかすれたりします。
初期にこのような症状になったとしても悪いことではありませんのでご安心下さい。

継続することで声帯も声も強くなるのです。

⑤変声期で声帯が不安定、または声帯に異変が起こり不安定になっている

これらは医学的な原因ですので、ボイトレによって改善することはできません。
ただし、変声期でもボイトレ自体は行っても問題ありませんが、声帯に変化が起こっている時期ですので、お医者さんと相談の上行うようにしましょう。

また、声帯に何かしらの炎症や出来物が出来ている可能性も否めませんので、耳鼻咽喉科の医師に相談して状況を確認して貰うと良いです。

ブラッシュボイスのボイトレ

以上5項目ご紹介させていただきました。
思い当たる原因はありましたか?もし医学的な問題でない場合は、ボイトレで改善できることがほとんどですので、一度ボイトレ無料体験レッスンにお越しいただけたら幸いです。

株式会社ブラッシュボイス
関東代表ボイストレーナー/鈴木智大

LINEで送る

関連するボイトレノウハウ

Comments are closed