越智志帆(おち しほ)/Superflyさんの歌い方について

LINEで送る

皆様、こんにちは。
ブラッシュボイスの青木亮(ボイストレーナー)です。

今日はSuperflyの志帆さんの歌い方について書いてみようと思います。

Superfly 越智志帆さんの歌い方

そもそも私がSuperflyの存在を知ったのは『愛を込めて花束を』の曲が始まりでした。
エモーショナルに歌い上げる志帆さんのボーカルに驚きました。
志帆さんの場合は歌い方は才能だけではなく、所謂ブラッシュボイスで提唱している様なボイトレ技術を身につけての歌い方です。
それが顕著に見受けられるのは舌のポジショニングです。

舌のポジショニング

舌のポジション次第で我々は歌を歌う際に喉を開く事が出来ます。
ポジションが悪いと喉は閉まってしまうとも言えます。

志帆さんの場合は舌が平らで喉の奥が良く見えます。
それ故に前に声が飛び出して行くので、腹式も相まってあのパワフルなボーカルが誕生しているというわけです。

喉を開くためのボイトレ

舌の位置を喉が開く良い位置に定着させるには母音の「あ」の発声をしこたま練習すると良いでしょう。
例えば「あーーーー」とロングトーンで15秒程度発声する練習をしてみましょう。
ポイントは、
①舌が平で喉の奥が良く見えている事。
②舌の先端が下の前歯に付いている事。
③舌の真ん中が力んで凹まない事。

です。

舌の位置は基本的には子音を除いては全て下の歯にくっつけます。
そうすると前に抜ける声で歌い続ける事が出来ます。

パワフルな歌い方をするためのボイトレ

Superflyの越智志帆さんの歌い方の特徴はパワフルさ。
従って、腹式呼吸と喉を開いて共鳴させるというのが大きなポイントになりますね。
それが歌い方の特徴でもあると言えるのではないでしょうか。

株式会社ブラッシュボイス
ボイストレーナー/青木 亮

LINEで送る

関連するボイトレノウハウ

Comments are closed