姿勢は発声に関係があるか

LINEで送る

皆さん、こんにちは。
ブラッシュボイス、ボイストレーナーの青木亮です。

最近はアーティストさんの歌い方について色々検証していましたが、余りにもそればかりで飽きてしまったので視点を変えてブログをアップしてみます。
というのも以下の案件について現場で質問を受ける事が増えたから、というのもあります。
さて、検証してみようと思います。

『姿勢は発声に関係があるか』について

よく立っている時の方が声が出るという話がありますが、立ってるから声が出し易いというのは完全なる間違いです。
理由は以下です。

立っている状態

立っているという行為は骨だけで身体を支えているわけではなく、筋力で支えます。
バランスが悪い立ち方をしている人ほど筋力に頼りますので、当然お腹回りも筋力で硬直します。
硬直するという事はお腹を凹ませて、横隔膜を押し上げて、勢いのある息を吐いて、声を乗せて、共鳴させて声を出す事が難しくなります。
従って、立っているからと言って声が出し易いというわけではなく、個人差があり、必ずしも誰にでも立ち姿勢で発声する方が良いとは言い切れないのです。

座っている状態

だからと言って、座っている時の方が良いのか?
これも断言できません。
むろん、アナウンサー、ナレーターなどの分野になると座っていて発声していても安定するのですが、ボーカリストという話になると安定≒良い声ではありません。
不安定だからこその格好よさというのがあるわけで座っていて勢いが失われる様なロックの様なジャンルでは立ち姿勢の方が良いという事になります。

結論、私が何が書きたかったのかと言うと。

・声を出すジャンルによって立つ、座るというのを選んでも別に良いと言う事。
・立っていて声が出し易い人はきちんとお腹回りの力が抜けていて腹式呼吸による発声が出来ているからだと言う事。
・座っているとお腹回りの筋肉は立っているよりも安定し力も抜けるので、発声がし易い状態にあると言う事が言え、アナウンサーやナレーターは立つ必要が殆どない。
・立って発声した方が声に勢いは付き易いのでロックなどには向いているが、ロックでも座って歌った方が良い場合もある。

などなど。
そういう姿勢と腹式呼吸の類にまつわる『事実』を書きたいと思い記事を書きました。
腹式呼吸というものを考えると『姿勢は発声に関係があるか』というのがクリアに見えて来ます。

今日は少し視点を変えてブログを書いてみました。

株式会社ブラッシュボイス
ボイストレーナー/青木 亮

LINEで送る

関連するボイトレノウハウ

Comments are closed