AIさんの歌い方について

LINEで送る

こんにちは。
ブラッシュボイス、関東代表ボイストレーナーの鈴木智大です。
本日はAIさんの歌い方についてお話させていただきます。

このようなボイトレ解説の更新情報はメルマガにご登録頂くと最新の更新情報をお送りさせて頂いていますので、是非ご活用下さい。

【メルマガ登録フォーム】

メルマガでオトクなボイストレーニング情報を手に入れよう!

さらに今なら、メルマガ登録をすると無料で「ボイストレーニングの教科書」がダウンロードできます

ボイストレーニングの教科書についてはこちら


 

text-book メルマガ登録で届いたパスワードを下記に入力して、「SUBMIT」ボタンを押し、ダウンロードしてください。

AIさんの歌を分析する上で、挙げられるポイントは非常に多く、どれから話せば良いのか迷うほどですので、ここでは大きな特徴に絞っていきたいと思います。

一言でいうなれば、出生からプロデビューに至るまでの環境が大きく影響しているように感じます。

  • ロサンゼルス生まれのクォーターということもあり、東洋人とは違う骨格を有している点。
  • ネイティブな英語はもちろん、発声自体が純日本人とは逸している点。
  • イタリア系アメリカ人の血を引きつつも、子供の時からゴスペル音楽などのブラック・ミュージックに触れている点。
  • 日本での活動に際し、ブラック・ミュージックのテイストを残しつつ、J-POPの要素をしっかり取り入れている点。

以上が非常に大きな特徴です。

骨格による影響について

骨格は生まれ持ったものなので、
大掛かりな手術でもしない限り、後付けで手に入れることは難しいですが、
アジア系・ヨーロッパ系・アフリカ系の人々の声を聴き比べると、
声の響きに違いが顕著に表れてきます。

  • ヨーロッパ系の人:鼻が高く鼻腔共鳴がしやすいため、高音域が抜けやすく甲高い声が出やすいという特徴。
  • アフリカ系の人:口腔内から下咽頭にかけて、所謂『喉』が非常に太く、重みのある太い響きの声が出やすいという特徴。
  • アジア系の人:鼻腔や口腔、咽頭などの大きさがほぼ平均的で、まろやかで優しい声が出しやすいという特徴。

(※上記はあくまで一般的な特徴であり、もちろん個人差はあります

AIさんの場合、アジア系とヨーロッパ系の血を引き継いでおり、骨格もその中間であるということが言えます。

そしてゴスペル等のブラック・ミュージックに触れている環境から、様々な系統の良い部分を複合的に活かしている、非常に珍しいアーティストさんです。

歌・発声の特徴について

そもそも日本語よりも英語の発音の方が、より腹式呼吸や鼻腔での共鳴が必要となってくるため、彼女も幼少期からその影響で、共鳴が自然に培われてきたのだと思います。
そして何より、声がしっかり前に出ています。

ハスキーで、女性歌手としては決して高音域ではない音域で歌います。
その特徴だけを聞くとデメリットとして捉える人も多いと思いますが、ごく自然な声、かざらない素直な表現をしっかり出すことで、彼女の特徴すべてを、最大限プラスに活かせています。

そして本場アメリカで培われた音楽性とJ-POPを組み合わせることで、親しみ易いメロディーラインも残しつつ、常に新しい要素も取り入れ、第一線で日本の音楽シーンを牽引しています。

多くの人に共感され、支持されているのがその証拠と言えるのです。

株式会社ブラッシュボイス
関東代表ボイストレーナー/鈴木 智大

LINEで送る

関連するボイトレノウハウ

Comments are closed