石川さゆりさん、天城越えの歌い方について

LINEで送る

こんにちは。
ブラッシュボイス・関東代表ボイストレーナーの立花香穂里です。

カラオケに行くのが好きな方の中には、普段はJ-POP中心に歌う方も、
演歌の曲を1・2曲レパートリーを持っている方もいるのではないでしょうか。
私のまわりでは、「天城越え」が好きで歌う方が多いように思います。

演歌は、独特の節回し、リズムの感じ方がありますね。
実際自分も真似して歌ってみようと思うと、極端に言えば
伴奏とずれているんじゃないかと思うくらい、たっぷり歌っているように感じたりします。

さて、今回は、演歌の声の出し方に注目して、
石川さゆりさんの歌声を例にとってお話してみたいと思います。

このようなボイトレ解説の更新情報はメルマガにご登録頂くと最新の更新情報をお送りさせて頂いていますので、是非ご活用下さい。

【メルマガ登録フォーム】

メルマガでオトクなボイストレーニング情報を手に入れよう!

さらに今なら、メルマガ登録をすると無料で「ボイストレーニングの教科書」がダウンロードできます

ボイストレーニングの教科書についてはこちら


 

text-book メルマガ登録で届いたパスワードを下記に入力して、「SUBMIT」ボタンを押し、ダウンロードしてください。

石川さゆりさんの歌声 演歌の声の出し方について

よくボイストレーニングをやったことがない方でも「地声」「裏声」という言葉は聞いたことがあると思います。
先ほど挙げた「天城越え」という曲は、その2種類だけではなく、「ミックスボイス」(大まかにいうと、地声と裏声の中間のような声)を使っています。

サビの高音部分で、地声で張った時のように強すぎる声ではなく、つやっぽく聴かせる効果もあります。
女性の演歌歌手の方はこうして声の種類を巧みに使い分けて、表情を出している方が多いのです。

声の切り替えの練習

声の切り替えの練習をしている方は、元の曲を参考にして、
レッスンで演歌の曲を課題曲として取り上げてみるのもいいかもしれません。

それぞれの声の出し方を自分でも出せるようになると、
歌手の方が歌っているのを見ても、だんだんどんな風に歌っているか、理解できるようになってきます。
実際、レッスンではこうした声の「使い分け」についても、アドバイスしていくことが可能です。

上記のように、石川さゆりさんの天城越えをしっかりと歌いこなしたい、
カラオケでのスキルアップを目指したいというたくさんの方からご好評頂いているボイトレ無料体験レッスンを実施しています。
是非一度、ボイトレ無料体験レッスンにお越し頂ければ幸いです。

LINEで送る

関連するボイトレノウハウ

Comments are closed