DEEN 池森秀一さんの歌い方について

LINEで送る

こんにちは。
ブラッシュボイス・関東代表ボイストレーナーの鈴木智大です。

今回はDEEN 池森秀一さんの歌についてです。

このようなボイトレ解説の更新情報はメルマガにご登録頂くと最新の更新情報をお送りさせて頂いていますので、是非ご活用下さい。

【メルマガ登録フォーム】

メルマガでオトクなボイストレーニング情報を手に入れよう!

さらに今なら、メルマガ登録をすると無料で「ボイストレーニングの教科書」がダウンロードできます

ボイストレーニングの教科書についてはこちら


 

text-book メルマガ登録で届いたパスワードを下記に入力して、「SUBMIT」ボタンを押し、ダウンロードしてください。

DEENというと、90年代に一大ブームを起こし、今尚第一線で活躍し続ける日本のビッグバンドです。

ボーカルの池森秀一さんの歌に引き込まれていく人は多いのではないでしょうか?
池森秀一さんのその歌の魅力と、ボーカルを分析していきたいと思います。

歌詞を大切にして歌う

ボーカリストであれば当然のごとく皆さんに共通して言えることが“歌詞を大切にして歌う”ということです。

池森さんの場合、歌う時に丁寧さが前面に出ており、
素直でまっすぐな几帳面な歌、というような印象を受けます。
それがDEENの人気の大きな要因であり、
池森さんのボーカルの大きな特徴・魅力になっているのは間違いありません。

歌詞一つ一つの発音を考える

言葉一つ一つの発音を変えるだけで歌の印象がガラッと変わります。
例えばDEENの曲で「遠い空で」という曲があります。
歌い始めは「遠い空で 心つなぎ」です。

人によっては、、、
「とぉーおーいそーらでぇー」と歌う人もいれば、
「とぉーぅおーいそぅらでー」と歌う人もいます。
発音の仕方を変化させるだけでぶっきらぼうに聴こえたり、ロック調に聴こえたりします。

池森さんの場合、「っとっおーぅいそぉーらでえー」と歌ってらっしゃいます。
入りの部分では小さい「っ」を意識して入ることで、
より明確な言葉として伝える技術を使っております。
最後の伸ばす部分に関しては母音の「えー」を強調するように歌うことで
より明確で丁寧な印象を与えます。

歌い始めと歌い終わりについて簡単にご紹介しましたが、
それを歌全体を通してあいまいな発音になっている部分がないかどうか、
もっと発音を変えた方がきれいに聴こえるのではないか、
など、細部にわたってこだわりを持つべきだと思いますので、
是非自分の歌を録音して検証しながらボイトレしてみてはいかがでしょうか?

口の開け方について

歌をうたう時には大きな口を開けましょう、と小学校の時に先生に言われた方も多いと思いますが、
あまりに大きな口を意識しすぎてしまうと言葉が堅くなってしまいます。

ただ、池森さんの歌を聴いてみると、その丁寧さは口の動かし方にも理由があるように見受けられます。
決して大きい口を開けているわけではありませんが、
母音や子音、言葉の切り替えの際に、口の形が模範的でとても完成されています。

ボイストレーニングで求める口の形というのは、ライブなどでは多少崩れてしまうものですが、
彼の場合、そのボイストレーニングでの口の形がそのままなのではないかと思うくらいしっかりと作られています。

そのため、言葉の響き方がブレず、安定した歌を歌い続けることが可能なのです。

池森さんの歌を聴かれたことがない方は是非CDを聴いてみて下さい。
ボーカリストを目指す方は特に、かなりの参考になるはずです。

ブラッシュボイスのボイストレーニングでは、
細かい口の開け方、それに対する響きなどをレッスンさせていただくことが可能です。
是非一度、ボイトレ無料体験レッスンをお試し下さいませ。

株式会社ブラッシュボイス
関東代表ボイストレーナー/鈴木 智大

LINEで送る

関連するボイトレノウハウ

Comments are closed