大塚愛さんの歌い方

LINEで送る

こんにちは。
ブラッシュボイス・関東代表ボイストレーナーの立花香穂里です。

今回は、大塚愛さんの歌い方について書いていこうと思います。

このようなボイトレ解説の更新情報はメルマガにご登録頂くと最新の更新情報をお送りさせて頂いていますので、是非ご活用下さい。

【メルマガ登録フォーム】

メルマガでオトクなボイストレーニング情報を手に入れよう!

さらに今なら、メルマガ登録をすると無料で「ボイストレーニングの教科書」がダウンロードできます

ボイストレーニングの教科書についてはこちら


 

text-book メルマガ登録で届いたパスワードを下記に入力して、「SUBMIT」ボタンを押し、ダウンロードしてください。

大塚愛さんの楽曲の特徴

大塚愛さんの曲は、流れるような歌詞をメロディーに載せている曲が多いように思います。
また、恋愛に関する歌詞など、歌詞に共感がもてる方は、まるで自分のことのように重ねて聴いているかもしれません。
歌詞の中の物語が、情景が浮かぶように描かれているのですね。

以前、初めて大塚愛さんの曲を聞いた時、とっても声が明るいことが印象的でした。
一曲が一つの物語のように感じられるのは、楽曲の内容だけでなく、
この明るい歌声で表現されているからこそと思います。

歌詞の特徴と歌い方

大塚愛さんの楽曲のように、ワンフレーズの中に歌詞を流れるように並べている場合、
ただ歌詞を追っているだけでは、早口で口ごもった感じになってしまいます。

歌詞を聞き取りやすく伝えたい時、歌詞をハッキリ聞かせることが大切になってきますが、
その時、ただハッキリ言うだけでなく聞きやすいように“明るく”言うことが大事です。

歌う時の表情と声の出方

大塚愛さんの歌うところを見ていると、常に笑っているような感じで、
上の前歯が見えるように歌っていたり、頬のあたりを持ち上げて口元を引いていたりします。
声が出る時の方向を、口の前の方に集めています。

上の前歯が見えるような感じで歌うと、
声が口の前の方に抜ける感じ、もしくは前歯に響く感じになります。
声が明るく、聞こえ方もクリアになります。

マイクの使い方

また明るく作った声をさらに上手く届けるには、マイクの使い方も重要です。
先ほどの前歯に響かせるような明るい声を、そのままマイクに向けるように意識すると、声がまっすぐ入りますので、
マイクと自分の口元との距離感を工夫すると、流れるような歌詞も抜けてしまわず、
しっかりマイクに入るようになります。

大塚愛さんのライブ盤などの映像を参考にしてみてください。

ブラッシュボイスでは、基礎的な発声を踏まえた上で、
聞き手にどうしたら伝わりやすくなるか、発声を活かしたポイントからアドバイスできますので、
ぜひ一度体験レッスンを受けてみてください。

株式会社ブラッシュボイス
関東代表ボイストレーナー/立花香穂里

LINEで送る

関連するボイトレノウハウ

Comments are closed