BENIさんの歌い方について

LINEで送る

こんにちは。
ブラッシュボイス・関東代表ボイストレーナーの立花香穂里です。

今回は、BENIさんの歌い方について書いていこうと思います。

このようなボイトレ解説の更新情報はメルマガにご登録頂くと最新の更新情報をお送りさせて頂いていますので、是非ご活用下さい。

【メルマガ登録フォーム】

メルマガでオトクなボイストレーニング情報を手に入れよう!

さらに今なら、メルマガ登録をすると無料で「ボイストレーニングの教科書」がダウンロードできます

ボイストレーニングの教科書についてはこちら


 

text-book メルマガ登録で届いたパスワードを下記に入力して、「SUBMIT」ボタンを押し、ダウンロードしてください。

日本語歌詞と英語歌詞の違い

BENIさんの場合、オリジナルソングの他に、
様々なアーティストのカバーも歌っています。

その際、歌詞は英語に訳された詞で歌うことも多いです。

歌詞が英語になると、単語の持つリズムそのものが変わるので、
歌い方もオリジナルとは違った雰囲気を出すことができます。

日本語の歌詞の場合

よく言われることですが、日本語は高低で話し言葉の抑揚が決まってきます。

そのため、メロディーラインの音の上がり下がりと、
歌詞だけを取り出して、話すように読んだ時の抑揚が違ってくると、
時々すごく歌いづらいことがあります。

英語の歌詞の場合

英語詞だと、単語にストレス(アクセント)がついていますので、
単語の持つリズムがそのままメロディーとうまくはまっていると、
メロディーがリズムに乗って、心地よく聞こえてきます。

オリジナル曲等を日本語の歌詞で歌っているとき、
BENIさんの歌い方に注目して聞いてみると、
英語と日本語、二つの言葉の言い回しをうまく取り入れているように思います。

例えば、メロディーの一番高いところや、アクセントをおきたいところに、
歌詞が日本語としては抑揚が“高く”ならない文字が割り当てられているところなど、
英語のように子音を発音してみたり、あえて子音を強く言ってみたりしています。

BENIさんご本人にとってはごく当たり前のことかもしれませんが、
日本語の歌詞で歌うと、どうしても平たんになってしまうという悩みがある方は、
BENIさんの歌い方を参考にしてみるとよいと思います。

ブラッシュボイスでは、楽曲に合わせた歌い方を、様々な曲を参考にしながら、
客観的にアドバイスをしながらボイトレをすることができます。

ぜひ一度ボイトレ無料体験レッスンを受けて、今よりもっと豊かな表現方法を見つけてください。

株式会社ブラッシュボイス
関東代表ボイストレーナー/立花香穂里

LINEで送る

関連するボイトレノウハウ

Comments are closed