yukiさんの歌い方

LINEで送る

こんにちは。
ブラッシュボイス・関東代表ボイストレーナーの立花香穂里です。

今回は、yukiさんの歌い方についてボイトレの観点から解説したいと思います。

yukiさんの特徴

JUDY AND MARYの頃から数えると、アーティストとしての活動が長いyukiさん。
実際、ジュディ・マリ時代の曲は、今でも年齢を問わずレッスンで取り上げられることが多いアーティストなんです。

声の張りを保ち続けつつ、またパフォーマンスも含めると、ただ「可愛い」などの1点の魅力だけでなく、多彩な表情を見せてくれるところも、いまだにアーティストとして支持されている理由なのだと思います。

yukiさんの声・高音の発声について

さて、yukiさんの歌声といえば、高音が伸びやか明るく抜けるようなイメージがありますね。
それは、発声する時に使われる筋肉が柔らかく使えるため、音程やボリュームの調整ができるからです。

高音で発声する時に、声帯に適度な緊張(注:力むのとは違います。)を持って声を出せるようにボイトレしていくと、柔らかくきれいに地声でも出せるようになるのですが、yukiさんの場合は、声を出すときに緊張していまいがちな場所(首回りや肩など)に、余計な力が入っていません。

ボールを遠くに投げる時に、力を抜いて投げた方がポーンと飛んでいく感覚と近くて、必要なところだけを上手く使っている感じです。

yukiさんの唇の使い方

さらに、前にクリアに聞こえるには、唇の使い方を見てもらえるととても参考になると思います。

唇は、声の出口の最後の部分、つまり微妙な声のニュアンスを変えたりするのに使うといいパーツです。

yukiさんはよく見ると、笑顔のように唇を引いたり、いわゆる“アヒル口”のように割と上下の唇を立てて歌うことが多いです。
こうやって歌うことで、前歯の方向に声が向いて出るようになるので、抜けの良いハッキリした声になります。

ブラッシュボイスでは、
・ただ力んで声を出してしまうこと
・無駄な力を抜きつつ発声すること
の違いをしっかり体感できるようにボイトレ・指導していきます。
音域をひろげるだけでなく、声量アップも十分可能です。

ボイトレ無料体験レッスンでも、楽に身体から声が出る感覚を実感できると思いますので、ぜひ一度お越しください。

株式会社ブラッシュボイス
関東代表ボイストレーナー/立花香穂里

LINEで送る

関連するボイトレノウハウ

Comments are closed