aikoさんの歌い方について

LINEで送る

こんにちは。
ブラッシュボイス・関東代表ボイストレーナーの立花香穂里です。

今回は、シンガーソングライターaikoさんの歌い方について書いていこうと思います。

このようなボイトレ解説の更新情報はメルマガにご登録頂くと最新の更新情報をお送りさせて頂いていますので、是非ご活用下さい。

【メルマガ登録フォーム】

メルマガでオトクなボイストレーニング情報を手に入れよう!

さらに今なら、メルマガ登録をすると無料で「ボイストレーニングの教科書」がダウンロードできます

ボイストレーニングの教科書についてはこちら


 

text-book メルマガ登録で届いたパスワードを下記に入力して、「SUBMIT」ボタンを押し、ダウンロードしてください。

メロディについて

aikoさんといえば、とても切ないラブ・ソングが多く、幅広い年齢の特に女性から人気があります。
歌詞も共感を得るようなものがとても多いと思うので、自分で歌ってみたくなる人もたくさんいると思うのですが、aikoさんの歌はきっちり音程通り歌ってみようと思うと、実際難しいです。汗

メロディーの特徴として、半音を使っていることが多かったり、一瞬転調したようなコード進行になることも多く、そうするとメロディーもちょっとだけ難しく感じるところもあります。

ブレスのタイミングについて

あとは、ブレスのタイミングを間違えると、一息で歌うのが結構難しい曲も多いです。
これは、ワンフレーズが長くて、息をキープさせなければならなかったり、フレーズが次々と続いて、息継ぎをするタイミングが取りづらかったりするからです。

曲の中でよく息が持たなかったりする理由には、

  • 腹式呼吸で必要な長さをコントロールしながら息が吐けない。
  • 力んでしまう、口が開かないなどの理由でしっかり声が出せず息が抜けてしまう。

など原因がありますが、他にも

  • テンポの速い曲(または遅い曲)が苦手。
  • 歌詞のリズムで読んでしまって、メロディーのリズムでうまく歌えない。

などといったこともあります。

ロングトーンについて

aikoさんの歌い方を聞いていると、ロングトーンの時なども、細かくリズムを感じて歌っています。
そのため、言葉の一文字ずつが、しっかりと遅れることなくリズムにのっています。
テンポ感が良く聞こえるだけでなく、きちんとリズムに乗せた息の吸い方ができるのです。

ブラッシュボイスでは、発声のボイトレだけでなく、リズムを活かした歌のボイトレも行っております。
発声とリズムトレーニングを組み合わせることによって、様々なテンポの楽曲が歌えるようになります。
ぜひ一度、ボイトレ無料体験レッスンにお越しください。

株式会社ブラッシュボイス
関東代表ボイストレーナー/立花香穂里

LINEで送る

関連するボイトレノウハウ

Comments are closed