Superflyの越智志帆(おちしほ)さんの歌について

LINEで送る

こんにちは、ブラッシュボイスのボイストレーナー青木さおりです。

Superflyの越智志帆(おちしほ)さんの歌について書きたいと思います。越智志帆さんと言えば、Superflyの「愛をこめて花束を」が大ヒットしました。この曲で彼女の存在を知った方も多いと思います。

情熱的な歌とパフォーマンス、安定していて抜けのある高音、そしてあのビート感も魅力的ですね。現在も越智志帆さんとして精力的に活動を続けているそうです。

越智志帆さんの歌といえば、
⚫︎声量のあるパワフルな声
⚫︎気持ち良く抜けのある高音域

が、越智志帆さんの魅力と言えます。

パワフルな声量

そもそも、越智志帆さんのようにパワフルに発声をするにはどうすれば良いのか?
まず、声量をアップする最も効果的なボイトレ方法は腹式呼吸をマスターすることです。
腹式呼吸でのメリットは他にも幾つかあり、

  1. 息を一瞬でたくさん吸える
  2. お腹の周辺が作用するので、体がブレずに安定する
  3. 力強い(アタックのある)発声ができるようになる
  4. 共鳴ができるようになる

まさに腹式呼吸にはメリットしかありません。

腹式呼吸

腹式呼吸は、歌の基本中の基本なので、是非マスターしてください。

さて、腹式呼吸で歌うと、自然に声が通るようになるので、声量がアップします。良く、ボリュームのある声を出すには、思い切り息を吸えばよいかと思われがちですが、息を吸い過ぎることで上半身に力が入ってしまい、思ったよりもボリュームのある声が出せないということになりがちです。

それより、歌唱の中でしっかりと腹式呼吸を使うこと、息の量をコントロールすることをマスターすれば、声量アップだけでなく越智さんのような安定感のあるロングトーンを出せることにも繋がります。

声の響かせ方

そしてもう一つ、声量アップに大切なのは声の響かせ方です。喉がしっかり開いていること、そしてしっかり共鳴できていることがポイントです。

腹式呼吸と同様に、普段の発声練習のときから自分の歌声の『共鳴のポイント』をしっかりボイストレーニングレッスンなどで学んで、身につけておくことが大切です。これはとても大事な事です。

越智志帆さんの気持ち良く抜けのある高音域

越智志帆さんの高音域ですが、とても抜けがあってのびのびしていて気持ち良い響きですよね。越智志帆さんの場合、地声と裏声の区別がほとんどつかず、ミックスボイスを上手に使いこなして出せているのだと思われます。

ミックスボイスとはそもそも曖昧な物です。
ミックスボイスは感覚を伝えるのが難しいですが、例えば他には平井堅さんなどがミックスボイスの代表例とも言えるでしょう。
ミックスボイスをうまく使いこなす基本として、

  • 脱力ができている
  • ブレスのコントロールがしっかり出来ている
  • 正しく共鳴出来ている
  • 息の漏れが少ない

等がしっかり出来ているかもポイントです。
もちろん、腹式呼吸が大前提で、基礎ができていないのにミックスボイスを習得しようとすると良い結果は生まれませんので、気をつけてくださいね。

まとめ

Superflyの越智志帆さんのようなパワフルな歌声を出すにも、やはり正しいボイトレによって基本となる腹式呼吸と共鳴をマスターすることは大きなポイントですね。

あとはのびのび歌うためには気持ちのコントロールも大切です。日頃の練習からのびのびと歌える環境で練習しましょう。

ブラッシュボイスではボイトレ無料体験レッスンを行っており、的確に指導していきます。歌唱力を上げるのはもちろん、今以上に発声能力を高めていく、アーティストへのステージング指導なども可能です。

是非、他の記事も参考にしてみて頑張ってください。
越智志帆さんの歌い方 舌のポジショニング 喉を開くためのボイトレ について

関東ボイストレーナー/青木さおり

LINEで送る

関連するボイトレノウハウ

Comments are closed