自然な歌声の見つけ方~録音で自分の歌声の特性を知ろう~

LINEで送る

こんにちは。
ブラッシュボイス・関西ボイストレーナーの堀口です。

大好きな歌なのに、サビのパートの高い部分がいつもつまづいてしまう。録音した自分の歌声が大好きなアーティストと比べ固く不自然に感じる。

そんな経験はありませんか?

舌、喉、肩の力みや姿勢、呼吸などさまざまな原因が考えられますが、一番の原因は歌おうと意気込みすぎて構えてしまうこと。

では、どうすれば滑らかで自然な歌声で大好きな曲を歌いきれるのでしょうか?今回は
『自分の歌声を録音することの大切さ』
『自然な歌声の見つけ方』
についてお話させていただきます。

録音して自分の歌声を知る

録音した自分の歌を聞いて
「ん?いつも聞いている声とチガウ!!」
「こんな声じゃない!!」
「自分の歌声がきもい!」
と感じたことありませんか?このような声は、実際に生徒さんから伺うこともあります。

録音した歌声を「違う」「気持ち悪い」と感じるのはなぜ?

歌声に限らず、動画などで録音された自分の声を初めて聞くと、驚くことが多いと思います。それは普段、空気が振動して鼓膜に達した声(外)と頭蓋骨を伝わって内耳に直接届く声(内)の両方が混ざったものを聞いているため、いつもと違って聞こえるのです。

聞き慣れないうちは「気持ち悪い!」「録音した自分の声がきもい!」なんて思うことの方が多いので心配しないでください。

大切なのは歌声を録音することで、自分の声の特性を知ること。

大切なのは自分の声の特性を知ることです。理想の声と違ったとしても、それはあなたにしかない個性で、あなたにしか出せない歌声になるのです。

今はスマホのボイスメモアプリなどで簡単に録音できるので、どんどん聞いてみてください。ボイトレの際も耳からの情報だけでなく、録音して聞いてみることで、良いところ、修正するべきところがわかりやすくなります。自分の声の特性を正確に知ることは、上達への第一歩です。

自然な歌声の見つけ方~歌詞を朗読してみる~

歌の練習をするとき、音程やリズムばかりを気にしてしまい(とても大切な事ですが)言葉を置き去りにしてしまいがちです。

「へぇーそうなんだ!」
「ビックリしたー!」
みなさんはすでに日常生活の会話の中で、無意識に声をコントロールしています。きっと、これらの言葉を高低差なしに一本調子に言ってみる方が不自然で難しいですよね。

そこで、鏡に映る自分に向かって歌詞を伝えるように口に出して読んでみてください。この時大切なポイントは、家族や恋人、友人などに自分の話をするように、自然なトーンで伝わるように声にすることです。

読んでは歌って、歌っては読んでを続けていくうちに、自然な息づかい・声が響くポイントを発見でき、言葉が伝わる自然な歌声に変わっていきます。

話すように歌いたいのだけど、なかなかコツがわからないなんて方は是非実践してみてください。

ブラッシュボイスのボイトレ

録音して自分の歌声の特性をつかむことは大切なことです。そして、ブラッシュボイスでは、ボイストレーナーの客観的な視点からも、あなたの声の特性を聞き分け、的確なアドバイスが可能です。

もっと自分の歌声を知りたい方は、ぜひ一度ボイトレ無料体験レッスンにお越しください。

大阪地区ボイストレーナー/堀口 愛子

LINEで送る

関連するボイトレノウハウ

Comments are closed