「お腹から声を出す」とはどういうことか?ボイトレ方法やコツを紹介

LINEで送る

こんにちは。
ブラッシュボイス・関東代表ボイストレーナーの鈴木智大です。

今回は「お腹から声を出す」とはどういうことか?というテーマについて、ボイトレ(ボイストレーニング)の観点からお話ししていきたいと思います。

このようなボイトレ解説の更新情報はメルマガにご登録頂くと最新の更新情報をお送りさせて頂いていますので、是非ご活用下さい。

【メルマガ登録フォーム】

メルマガでオトクなボイストレーニング情報を手に入れよう!

さらに今なら、メルマガ登録をすると無料で「ボイストレーニングの教科書」がダウンロードできます

ボイストレーニングの教科書についてはこちら


 

text-book メルマガ登録で届いたパスワードを下記に入力して、「SUBMIT」ボタンを押し、ダウンロードしてください。

お腹から声を出す」という言葉は良く聞くと思います。特にスポーツの現場で「腹から声出せ!」なんてことを言われた経験がある方も多いのではないでしょうか。

吹奏楽や、演劇など、発声・音楽についてきちんと学んだことのない方にとっては 、「声は喉から出すものなのに腹から!?」と疑問に思っていた方も多いかもしれません。

ボイトレの観点から、「お腹から声を出す」ということについて解説していきたいと思います。
以下、腹式・胸式 呼吸の違いや、なぜ腹式呼吸が必要かなどをお伝えしていきます。

腹から声を出すということはどういうことか?

腹から声を出すということは、簡単言うと、、、
「腹から声を出す」=「腹式呼吸を使って正しく声を出す」ということです。

力任せに無理に声を出そうとすると、肩や胸、喉などに力が入って喉を痛めてしまいます。そこで、無理なく声を出すために、肩や胸、喉の力を抜き、腹式呼吸を使って正しく発声します。するとお腹から声を出すイメージを持って発声することができるのです。

なぜ腹式呼吸が必要なのか?

ではなぜ腹式呼吸が必要なのか。

前述した通り、正しい発声をする時は、腹式呼吸を使います。逆に胸式呼吸で声を出すと、肩や胸、喉や舌、顎などあらゆるところが力みやすくなります。力みが生じると喉声になりやすく、響かない声になってしまうのです。

そのため、「胸式呼吸=全身の力み=喉声」という構図が出来上がってしまいます。

腹式呼吸はその逆で、肩や胸に力が入っていると出来ません。
力を抜いて腹式呼吸を行うことで、抜けの良い通る声を出すことができます。

腹式呼吸を行うことは、発声を行う上で一番の土台になるのです。

腹から声を出す練習方法

まずは腹式呼吸をマスターしましょう。
腹式呼吸は吸った時に腹回りが膨らみ(肩や胸は動かさないようにします)、吐いた時に腹回りがへこみます。

この動きができるまで何度も練習します。

それが出来たら今度は発声してみます。まずは基本となる母音の「あ」を使います。

腹式呼吸で吸い、「あーーー」と伸ばして発声してみましょう。その時のお腹まわりの状態がとても大切です。
おへそから3センチ程下の下腹部(丹田)あたりは力が入り適度に固くなります。また、横っ腹の腹横筋も固くなります。

この状態を、肩や胸の力が抜けている状態で作れていることが大切です。

腹式呼吸やお腹周りの状態、肩や胸の脱力がバランス良く出来ていなければなりませんので、慣れるまでは大変かもしれませんが、確実に良い声を出せるようになります。

まとめ

体感で慣れて発声することが一番良いため、頭で考えすぎてしまうとよろしくありません。
また、自主練だけですと、良くない癖が身についてしまうこともよろしくありませんので、できればボイストレーナーを付けてのボイトレをオススメいたします。
無理のない腹からの声をしっかり出せるよう、基礎の土台をしっかり作ることから始めましょう。

株式会社ブラッシュボイス
関東代表ボイストレーナー/鈴木 智大

LINEで送る

関連するボイトレノウハウ

Comments are closed