シャウトの出し方・ボイトレ方法と、練習時の注意点

LINEで送る

こんにちは。
ブラッシュボイス・関東代表ボイストレーナーの鈴木智大です。

今回はシャウトについてです。

皆さん、シャウトと聞くとどのようなイメージがありますか?

基本的にはロックやパンク、メタル系の曲で使われることが多いですが、MCで場を盛り上げるために掛け声で使うボーカリストも多いです。

  • どのようにすればシャウトを出せるのか。
  • シャウトを出すために、どのようなボイトレをすれば良いのか。
  • シャウトを出す(練習する)時、どのようなことに注意した方が良いのか。

これらについて、ボイトレの観点からお話ししていきます。

このようなボイトレ解説の更新情報はメルマガにご登録頂くと最新の更新情報をお送りさせて頂いていますので、是非ご活用下さい。

【メルマガ登録フォーム】

メルマガでオトクなボイストレーニング情報を手に入れよう!

さらに今なら、メルマガ登録をすると無料で「ボイストレーニングの教科書」がダウンロードできます

ボイストレーニングの教科書についてはこちら


 

text-book メルマガ登録で届いたパスワードを下記に入力して、「SUBMIT」ボタンを押し、ダウンロードしてください。

シャウトとは

叫び声のこと。

歌に取り入れると、喉に負担を掛けるため声に多少雑音が生まれ、ノイジーな声になります。基本的には表声で行う張り上げ声のことを指します。

シャウトの出し方・コツ

基本的な腹式呼吸、共鳴などをマスターしてから行うようにして下さい。

【ボイトレノウハウ1】腹式呼吸 (図解あり)

【ボイトレノウハウ6】共鳴 (図解あり)

これらの基礎をマスターしないうちに行うと、すぐに喉を壊してしまい、逆に声が出なくなってしまいます。

出し方としては、自分の中で高い音を出来るだけ大きな声で叫んでみましょう。

例えば自分の表声のトップの音がA4の場合、A4で母音の「あ」で試してみて下さい。

お腹で押し上げるようにして発声します。そして声が「あ”ー」とノイズ混じりの声が出れば成功です。

シャウトは喉に負担が掛かる発声ですので無理は禁物です。
(※ボイトレの現場では、声帯のダメージが大きいため基本的にシャウトの練習は積極的には行いません。)

シャウトをするためのボイトレ練習法と注意点

前述した通り、基礎である腹式呼吸、共鳴については通常のボイトレメニューと同じで問題ありません。

息は強く出す必要があるため、吐く力が弱い方はドッグブレスの練習を行いましょう。犬が走り込んだ後にする呼吸のように、「ハッハッハッハッハッ」とスタッカートでアタックの強い息を出せるようにします。

これはお腹を使えていないと絶対にできませんので、腹式呼吸を整える効果もあります。

ドッグブレスが出来たら、今度は「ハッハッハッハッハーーー」と伸ばします。最後の伸ばすところはなるべく強く、吐ききるまで行います。

そして声を出す時には、通常の発声よりも喉を若干閉めます。この閉じ加減が上手くいかないと、声が裏返ってしまいますので注意しましょう。

強い呼気と喉の閉め具合がバランス良くできないと、キレイなシャウトになりませんので、是非喉の様子を見つつ練習を重ねてみて下さい。何度も言いますが、シャウトの練習は喉への負担が大きいので、一回の練習は長くても30分以内に留めていただけると良いです。

一日のうちに何度も練習する場合は、一回の練習も10分以内に抑えるなど、喉への負担を考慮しつつボイトレを行って下さい。

シャウトの出し方 まとめ

シャウトがキレイに出来ると、ライブ会場も盛り上がりますし、パフォーマンスとしてもとてもカッコいいテクニックです。

喉に負担がかかることからも、一人でボイトレを行うということはあまり推奨できません。具体的なやり方・正しいやり方が知りたいと言う方は、是非ボイトレ無料体験レッスンにお越し下さい。

株式会社ブラッシュボイス
関東代表ボイストレーナー/鈴木 智大

LINEで送る

関連するボイトレノウハウ

Comments are closed