あいみょん『マリーゴールド』に関する歌い方



ボイトレ情報はこちらから一覧・検索が可能です。
ボイストレーニング・ボイトレ方法をまとめました


こんにちは。
ブラッシュボイス 関東代表トレーナーの鈴木智大と申します。

今回は「あいみょん マリーゴールドに関する歌い方」についてボイトレの観点から解説していきたいと思います。

発声方法

声はとても芯があり力強さを感じます。
息混じりのふわっとした声というよりは、息感があまり無く低い声から高い声まで硬い声のまま。

声を当てるポジションは頭の上のイメージよりも鼻や上の前歯あたりの感じです。ストレートに、話し声に近い感じの質感。

同じような発声で言うと、ボーカルスタイルは違いますが椎名林檎さんや桜井和寿さんが近いです。

ボーカルテクニック

まずビブラートはしておりません。その代わりフレーズの語尾は息を切って終わらせるパターンが多いですね!

また、テクニックとは少々違いますがサビは一息で長く歌うフレーズが多いため、しっかりとブレス(息継ぎ)する箇所を確認し、余裕感を保って歌えるようにしましょう。
そうすることで変なところで強くなったり息が途切れたりすることがなくなり、ひとフレーズも滑らかに運ぶことが出来ます。

注意する箇所

日本の多くの楽曲は単語の途中でブレスするということは基本的にあまりありません。(最近は少しずつ増えてきているかもしれませんが)
あいみょんさんの「マリーゴールド」に関しては単語の途中でブレスを入れている箇所が多いため、切り方や切るタイミングが不安定だととても下手に聞こえてしまいますので注意しましょう。

例えば、
「まじめにみ(ブレス)つめた」
「だらけてみ(ブレス)たけど」
「輝いているし(ブレス)あわせ」
「マリーゴールドに似(ブレス)てる」
「泣きそうな目で見つめるき(ブレス)みを」
などがそれに当たります。

ただ切るのではなく、息をふわっと吐ききるようにして言葉を切って次のフレーズに移るというテクニック
これはニュアンスを作ることでもありますので少々練習が必要かもしれませんが一度出来てしまえばとても使えるボーカルテクニックなので是非この機会にトレーニングを行い、習得してしまいましょう。

株式会社ブラッシュボイス
関東代表ボイストレーナー/鈴木 智大


関連するボイトレノウハウ

コメントは受け付けていません。