『声区』への回答


Thursday, November 19, 2009 5:44 AMに頂戴した質問
質問投稿者:モラトリアムさん
質問タイトル:『声区』
以下質問内容:

声区には大きくわけて チェストボイスとミックスボイスとファルセットがあります。
それぞれの声区を出す時声は口から出ますが、意識として体のどの部分から出るイメージを持つべきでしょうか?
よろしくお願いしますm(__)m

このようなボイトレ解説の更新情報はメルマガにご登録頂くと最新の更新情報をお送りさせて頂いていますので、是非ご活用下さい。

【メルマガ登録フォーム】

メルマガでオトクなボイストレーニング情報を手に入れよう!

さらに今なら、メルマガ登録をすると無料で「ボイストレーニングの教科書」がダウンロードできます

ボイストレーニングの教科書についてはこちら


 

text-book メルマガ登録で届いたパスワードを下記に入力して、「SUBMIT」ボタンを押し、ダウンロードしてください。

声区の種類について

こんばんは。
ボイストレーナーの青木です。

>モラトリアムさん

『声区には大きくわけて チェストボイスとミックスボイスとファルセット』
↑モラトリアムさんは上記の3つを声区と仰られていますが、うーーん、実は、
チェストボイス
ミドルボイス
ヘッドボイス
スーパーヘッドボイス
に分けるのが正しいです(ミックスボイスやファルセットは声区の表現では使いません)。

それぞれの声区のボイトレ方法

『それぞれの声区を出す時声は口から出ますが、意識として体のどの部分から出るイメージを持つべきでしょうか?』
↑これは非常に難しいご質問なんですが、ジャンルによって声を出す場所の意識は変わります。
例えば、ポップスの場合はマイクに声を乗せて存在感を出す事がライブでもレコーディングでも重要です。
それ故、声の響きを頭で感じるよりも口から前に出ていないといけないとディレクションするプロデューサーやエンジニアも非常に多いです。

また声楽の場合はアンサンブルが重要であり、突出して存在感のある声は逆にNGなケースもございます。
その様なジャンルの場合は逆にどの声区でもやや声を頭に篭らせるように発声する特徴がありますね。

それぞれの声区は身体のどこから出すイメージか…
これはジャンルによって異なりが激しいので何とも言えませんが、一番需要の多いポップスやロックで考えてみますと。

1:チェストボイス

胸を響かせて下顎を伝って声を前に押し出して行く感じ。

2:ミドルボイス

喉全体(上中下咽頭)を使って良く頭で共鳴させ、その共鳴している声を口から出す感じ。

3:ミックスボイス

胸、喉全体を響かせるので、やや息の量も多くなるが、声は前に出して行く感じ。

4:ヘッドボイス

ヘッドボイスでファルセットを出す場合は完全に上咽頭共鳴…この声を前に出す感じ。

5:スーパーヘッドボイス

最近はあまり聴きませんが、MISIAやマライア・キャリーの発する超高音の声です…簡単に言うとあんな感じで声を出します。

 

歌手によっては眉間から声が響く人もいますね。
でも、基本的には口から声は出すものなので、マイク乗りという部分を考えると口からちゃんと声を出しましょうというのが正しいでしょう。
後は、耳でしっかり自分の声がマイクに乗っているか聞き分ける聴覚のセンスが求められる所です。

 

ボイストレーニングならブラッシュボイスで始めよう♪
■株式会社 ブラッシュボイス
■本社所在地/東京都世田谷区三宿1-30-4-401
■ウェブサイト/
【PC・スマホ対応】 http://brushvoice.net
■E-Mail/info@brushvoice.net
■受付窓口TEL/03-6676-8834


関連するボイトレノウハウ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です