星野源さんの歌い方について



ボイトレ情報はこちらから一覧・検索が可能です。
ボイストレーニング・ボイトレ方法をまとめました


こんにちは。
ブラッシュボイス・関東代表ボイストレーナーの立花香穂里です。

今回は、シンガーソングライターとしてだけでなく、俳優など多方面で活躍されている、星野源さんの歌声について書いていこうと思います。

このようなボイトレ解説の更新情報はLINEにご登録頂くと最新の更新情報をお送りさせて頂いていますので、是非ご活用下さい。

【LINE登録】

LINEでオトクなボイストレーニング情報を手に入れよう!

さらに今なら、LINE登録をすると無料で「ボイストレーニングの教科書」がダウンロードできます。

ボイストレーニングの教科書についてはこちら

友だち追加

text-book パスワードを下記に入力して、「SUBMIT」ボタンを押し、ダウンロードしてください。

楽曲について

星野源さんの曲といえば、軽いテンポ感で、心地よく聴ける曲が多いですよね。
日本語の曲は、言葉の特性から、1音に一文字ずつ当てはめることが多いです。

逆に英語などでは、sky,try,など言葉の頭に子音が2つ以上ついていたりする単語も多いため、日本語詞を歌う時とは違うところに注意して歌うことがあります。

J-pop日本語の歌詞でも、1音に二文字入れてみたりして、英語詞のようなリズムを意識して作っている曲もあります。

歌い方について

さて、星野源さんの曲は、この「1音に一文字」がテンポよく変わっていくメロディーにのせて、発音がくっきりと歌われていることから、歌詞がとても聴きやすいです。
もちろんこの時、正確な「音程」も大事になってきます。

このような楽曲と合わせて、無駄な力が抜けた、優しい歌声も特徴的です。
歌い方も大袈裟なビブラートはかけず、低音から高音まで、安定した均一な音色で歌われています。

ビブラートを使わないアーティストさんには UAさん セカオワのFukaseさん Back Number 清水さん 星野源さん RADWIMPS 野田洋次郎さん などがいらっしゃいます。
以下のページでも詳しく解説しています。
UAさんの『ノン・ビブラート』について
back numberさんの歌い方について
SEKAI NO OWARIのボーカル Fukaseさんの歌い方
RADWIMPS 野田洋次郎さんの歌い方

ビブラートのやり方・かけ方やお悩み改善(かけられない できない 小刻み / ゆるやかなどの表現ができない など)についてはこちらのページもご確認下さい。
ビブラートのやり方・かけ方、その練習方法やコツ まとめ

大きい声で疲れず歌い続けられることも、歌が上手いと言われることの要素の一つですが、声量をあえておさえてコントロールできることも、実はとても重要なテクニックです。

星野源さんの安定して聞こえる声は、幅広い音域を均一の音色で歌っているというだけではなく、息の流れにムラがなく、きれいに母音にのせて歌えていることも特徴的です。

無駄な力を抜いて、軽く、でもしっかりと聞こえるように歌いたい方は、星野源さんをお手本にして、息をコントロールして安定して吐けるようにすること、常に100%ではなく、まずは一曲を安定した声量で歌うようなことを実践していくとよいと思います。

ブラッシュボイスでは、歌詞の内容を聴き手がイメージできるように、滑らかな発音で脱力した発声を目指すだけでなく、表現力につなげるレッスンをしております。
ぜひ、体験レッスンを受けて、より豊かな表現力を身に着けてください。

株式会社ブラッシュボイス
関東代表ボイストレーナー/立花香穂里


関連するボイトレノウハウ

Comments are closed