山口百恵さんの歌唱力について



ボイトレ情報はこちらから一覧・検索が可能です。
ボイストレーニング・ボイトレ方法をまとめました


ブラッシュボイス、関東代表ボイストレーナーの鈴木です。
今回、マリさんよりWEBからご質問を頂きましたので、下記回答をさせて頂きました。

このようなボイトレ解説の更新情報はLINEにご登録頂くと最新の更新情報をお送りさせて頂いていますので、是非ご活用下さい。

【LINE登録】

LINEでオトクなボイストレーニング情報を手に入れよう!

さらに今なら、LINE登録をすると無料で「ボイストレーニングの教科書」がダウンロードできます。

ボイストレーニングの教科書についてはこちら

友だち追加

text-book パスワードを下記に入力して、「SUBMIT」ボタンを押し、ダウンロードしてください。

【ご質問】

ハンドルネーム : マリ
ご質問タイトル : 山口百恵さんの歌唱力
ご質問内容 :
百恵さんの多彩な声の分析をお願いします。
太い声、裏声?と思えないくらい細く高い声が自然に出ていて憧れます。
発音も綺麗です。

謝肉祭、プレイバックパート2 (太い声)
愛染橋、コスモス (高い声)

よろしくお願いします。

【回答】

早速回答をさせて頂きます。
山口百恵さんは高音と低音の響かせるポジションを変化させています

これが高音も低音もきれいに響かせられる理由です。

殆どの歌手はこのようにポジションを変化させて歌っているのですが、
山口百恵さんに関しては声自体が低い声から高い声まで滑らかに繋がるように発声しているため、
多彩に聞こえるのです。

【チェストボイス】

「謝肉祭、プレイバックパート2」のような太い声は基本的に鎖骨や胸部に声を響かせるように共鳴させます

自分が少し低いな、、と感じる音を発声した時、自然に声は胸辺りで響きます。
これを意図的に響きを倍増させて発声することでよりダークな太くて重い声が出せるのです。

オペラ歌手のようにより太い声を出すように、低音は意識しましょう。

【ミドルボイス・ヘッドボイス】

中音域から高音域にかけては、鼻の中の空洞「鼻腔」へ声を共鳴させます
ハミングなどを行うと必ずこの鼻腔へ声が振動します。

これを中音域から高音域にかけて行うことで自然な響きの歌声が完成します。

「愛染橋、コスモス」などの中音域から高音域に掛けて声の成分が多いような曲では
この鼻腔への共鳴をたくさん使用します。
(※低音域でも使いますが、中音域や高音域の方が意識しやすい)

響かせるポジション、意識するポイントを変えるだけで全く違う響きの声が得られます

しかし、山口百恵さんのように滑らかに歌える方の殆どは
低音域から高音域まで一息で発声しても滑らかに声が繋がります。

発声のポジションを考えた上ですべての声を滑らかに繋げるように発声出来るようにすることが
歌い手としての必須技術です。

チェストボイス、共鳴などについては下記も参考にお読み下さい。
様々な発声法・歌声の出し方と種類について。裏声 ファルセット ミックスボイス ヘッドボイス他
共鳴を歌に活かす方法について

是非試してみて下さい。

株式会社ブラッシュボイス
関東代表トレーナー 鈴木智大


関連するボイトレノウハウ

コメントは受け付けていません。