ボイストレーナーと生徒の相性が大事である理由


ボイトレ情報はこちらから一覧・検索が可能です。
ボイストレーニング・ボイトレ方法をまとめました


ボイストレーニングお疲れ様です。

今回は「ボイストレーナーと生徒さんのレッスンを受ける上での「相性」はどのぐらい重要なのか?」と言うご質問を頂きました。
結論から申し上げると、「相性は、とっても重要」です
それでは詳しくご説明させていただきたいと思います。

ボイストレーナーと生徒の相性が大事である理由

ボイトレ簡単質問箱

ご質問内容
ハンドルネーム:パタポン
質問タイトル:ボイストレーナーと生徒の相性
質問内容:

ブラッシュボイスさんでは、ボイストレーナーと生徒の相性と言うのは重要であるということがウェブサイトでもいろいろなところに明記されているのですが。
実際問題やはり相性と言うのはレッスンを行う行われる上で大事なのでしょうか?
上達するスピードに関係は出てくるのでしょうか?
得られるスキルに影響は出てくるのでしょうか?
詳しく教えてもらえるとうれしいです。

回答と解説
ボイストレーナーと生徒さんのレッスン上の相性を見る上でのポイントとしていろいろなものが挙げられます。
簡単に今、私の頭の中に浮かんだものを列挙してみます。

相性のポイント

  1. 性別
  2. 年齢
  3. 身長
  4. レッスン環境
  5. レッスン場所
  6. 音楽性
  7. プロを目指したいかどうか
  8. ボイストレーニングの目的に応じる
  9. 生徒さんが子供か大人か
  10. 性格

なんとなく挙げただけでも10項目はあります。
今回はこれら10項目について順番に解説していきます。

相性ポイント①:性別

性別は最も重要なところでもあります。
一昔前のボイストレーニングであれば腹式呼吸のお腹の動きを確認するのに、女性の腹部を男性のボイストレーナーがタッチする事はよくあった話です(逆も然りです)。
しかし昨今ではなかなかこのような行為と言うのは難しくなってきました。
したがって、男性であれ女性であれ全くそんな事は関係ないよ!と言う場合であれば特に問題は無いのですが、どうしてもセクシャリティの部分で抵抗が生徒さんの側である場合は、やはりこの部分のハードルを超えて問題のないボイストレーニングを行えるボイストレーナーを選んで行かなければなりません。
そうしなければレッスンが円滑に遂行されません。
さらに、音域も男性と女性では異なりますので、音域のイメージを固めたいのであれば女性は女性のトレーナーに習った方が良いですし、男性は男性のボイストレーナーに習った方が良い事は明白です。
しかしながら時折女性の方で男性のボイストレーナーに習った方が精神的に牽引してもらいやすいタイプです、とおっしゃられる方もいます。
この辺の内容については、きちんと初期段階(無料体験レッスン等)でヒアリングした上でボイストレーニングを開始することが重要です。

相性ポイント②:年齢

人間は歳を重ねれば重ねるほどに、発声能力も衰えます。
これはインナーマッスルを中心とした主に筋力の衰えによるものです。
ですから、年齢層が上の生徒さんにレッスンをしてきた経験が浅いボイストレーナーが、例えば60歳位の方にレッスンをしても混乱してしまうことがあります。
逆の立場でも同じだと思います。
かといって生徒さんの側の方が、若いトレーナーさんに習いたいと言うこともあるでしょう。
この辺のニーズをよくヒアリングして、ブラッシュボイスの場合はボイストレーナーさんを生徒さんに紹介しています。

相性ポイント③:身長

なぜ身長かと言うと、横隔膜がある場所と声帯(頭)がある場所の距離。
この点については身長である程度答えが見いだせます。
例えば身長は145センチの人がいたとします。
145センチの人と180センチの人との声帯と横隔膜までの距離を考えると180センチの身長の人の方が距離が長いのです。
これは普通に考えて当然の話です。
でもこれぐらい距離が離れてしまうと、実際は横隔膜と声帯が連動して声が出るわけですが、180センチの人が感じる声の出し方の感覚と、145センチの人が感じる声の出し方の感覚は似て異なるものがあります(構造上は同じですが)。
例えば赤ちゃんが声を出す場合と大人が声を出す場合は全然声を出す感覚は異なるとイメージできると思うんですが、それと同じことが145センチと180センチでも起こると言うことです。
と言う事は身長差があまりないボイストレーナーと生徒さんの組み合わせの方が良いと言うことになります。

相性ポイント④:レッスン環境

ボイストレーニングを行うレッスン環境はボイストレーナーによって様々です。
例えば鍵盤楽器が弾けるボイストレーナーもいますが、弾けないボイストレーナーもいます。
その場合はギターを演奏するとか別の楽器を使ってレッスンを行うと言うことになるわけです。
また、喋り方のボイストレーニングを行う場合は必ずしも楽器が必要であるとは限りません。
さらに歌の練習を行う場合は、歌を録音できる環境があるボイストレーナーもいますので、プロフェッショナルを目指していく場合はかなり緻密な音程が必要になりますから、そのような環境のボイストレーナーに師事することも重要かもしれません。
後は声を十分に出せる環境であることが必要なのですが、ちなみにブラッシュボイスではこちらの環境についてはどちらのボイストレーナーでもクリアできております。

相性ポイント⑤:レッスン場所

レッスン場所は無理なく通えるところでなくては継続することが大変です。
これも相性の1つと捉えるべきだと思います。
意外に優れたボイストレーナーだから遠い場所でも習う価値がある!と思われる生徒さんは多いのですが、実際に蓋を開けてみると通う事は非常に大変です。
絶対に遠いところがいけないと言うわけでは無いのですけれども、現実的に無理のない範囲でレッスンを受けることも重要だと言う事はご理解いただきたいところです。

相性ポイント⑥:音楽性

例えばバンドをやっている生徒さんが歌唱力の向上を求めてボイストレーニングを受けに来たとします。
その場合バンドの経験をしたことがないボイストレーナーが、レッスンに当たっても想像の範囲内で歌を教えることしかできない可能性が高くなります。
一概にバンドの経験がないからレッスンも質が低いと言う事では無いのですが、それでもバンドの経験を持っていた方がレッスンがスムーズに行く事は多分に想像できませんか。
この点については非常に経験の部分ですので難しいところですが、バンドの経験と言うことでお話をしていますが、仮にボイストレーナーがその経験がなかったとしても、歌唱力をアップさせると言うところをフォーカスされるのであればボイストレーナーの経験よりも発声能力の向上の方のレベルアップを短期間で達成すると言う考えでバンド経験のないボイストレーナーを選ぶこともありです。
つまりクラシック経験の豊富なボイストレーナーの方をあえて選ぶと言う手段も重要なわけです。

相性ポイント⑦:プロを目指したいかどうか

プロを目指したい場合は、私は厳しいボイストレーナーに習った方が良いと思います。
この場合の厳しいと言うのは喋り方が厳しいとかそういうことではなく、音程、リズムなどの音楽的な点において厳しくレッスンを見てくれるボイストレーナーのことです。
もちろんアマチュア志向だからと言ってボイストレーナーが手を抜くわけでは無いのですが、生徒さんがプロを目指している場合はやはりそれなりに厳しい目で見ていかなくてはとてもプロに育てあげる事はできません。
この辺に関しても初期の段階で生徒さんにボイストレーナー側がヒアリングする必要があります。
こういう点に関してもフィットするかどうかと言うのは相性として重要ですね。

相性ポイント⑧:ボイストレーニングの目的に応じる

なぜボイストレーニングを習いたいと思っているのか。
例えば発声能力に悩みがあるからボイストレーニングを受けたいと生徒さんが思っていたとすれば、その考えに対して最大限努力する、そして結果を出すことがボイストレーナーに求められることです。
しかしながらボイストレーナーにも限界はありますから、この辺の相性をしっかりと組むことによって限界点をより高い限界点に持っていくことができるのです。
生徒さんが持っている悩みを最大限に解決してくれるボイストレーナーを選定していくことが重要になります。
またこの点を考えることが、スキルアップの近道にもなるのです。

相性ポイント⑨:生徒さんが子供か大人か

大人の場合は「ほらほら一緒にリズムをとって楽しく音楽をやりましょう」と言う意味合いでボイストレーニングを行う事はあまりしません。
もっと発声理論を意識しながらボイストレーニングを行っていくものです。
しかし相手が5歳位の子供の場合、理論を伝えても全くわからないわけです。
これはリトミックと言って、音楽を楽しく体で理解していくレッスンを行うことが重要になります。
子供相手にレッスンをしたことがないボイストレーナーの場合はこのリトミックがうまくできません。
リトミックを頭では理解できていても、なかなか子供に合わせてレッスンを遂行することが難しいのです。
子供のレッスンが得意なボイストレーナーの方が相性が良い事は間違いないでしょう。

相性ポイント⑩:性格

体験レッスンの時に、ある種の偏見だと思われる可能性もあるのですが、「この生徒さんには、どんなボイストレーナーさんが合っているだろう(性格的に)」と言うのを体験レッスントレーナーが生徒さんと接してすぐにイメージできるかどうかは大事です。
性格と言うものはレッスンに与えるファクトとして最も重要なものの1つで、性格が合わない場合はレッスンをしていてもなかなか生徒さんはスキルアップしないものです。
これは何故かと言うと発声技術の特徴の1つでもありますが、やはり声は気持ちを反映してしまうものだからです。
気持ちが乗っているときは声ものびのびと出しやすい、力も抜けやすいものです。
ですからボイストレーナーとの相性で性格はやっぱり大事なので、きちんと自分に見合った相手を選んで行かなければなりませんし、ブラッシュボイスではこの辺を見謝らないように常日頃努力しているところでございます。

以上になります。
ブラッシュボイスの事もご紹介程度に書かせて頂きましたが、結局のところボイストレーニングにおいて生徒さんとトレーナーの相性はとっても重要、とという事がお伝えしたかった内容となります。

生徒さんに合っているボイストレーナーをブラッシュボイスでは体験レッスンの時に提案することが可能です。

また何かご不明な点があればご質問ください。
お待ちしております。

関連するボイトレノウハウ

コメントは受け付けていません。