コブクロ 黒田俊介さんの歌い方について

LINEで送る

こんにちは。
ブラッシュボイス・関東代表ボイストレーナーの鈴木智大です。

今回はコブクロ 黒田俊介さんの歌についてお話したいと思います。

テレビ等ではコブクロのお二人で歌っていることが多く、
ハモることも多いため、黒田さんだけの歌をまじまじとお聴きになれる機会は
あまりありませんが、彼の声には医学的におもしろい秘密があります。

このようなボイトレ解説の更新情報はメルマガにご登録頂くと最新の更新情報をお送りさせて頂いていますので、是非ご活用下さい。

【メルマガ登録フォーム】

メルマガでオトクなボイストレーニング情報を手に入れよう!

さらに今なら、メルマガ登録をすると無料で「ボイストレーニングの教科書」がダウンロードできます

ボイストレーニングの教科書についてはこちら


 

text-book メルマガ登録で届いたパスワードを下記に入力して、「SUBMIT」ボタンを押し、ダウンロードしてください。

黒田俊介さんの身長と声の高さ・太さ

黒田俊介さんの歌の特徴としては、太い声、丁寧でまろやかな歌です。

これは単に声の特徴と言えばそれまでなのですが、
統計学的にも解明することができるのです。

実際に身長と声帯の長さに関連があるという統計データがあります。
身長が高いと声帯が長く、身長が低いと声帯が短い、というものです。

声帯は長いとより低い声が出ます。
男女でもそうですね。
女性よりも男性の方が声帯が長いためより低い声が出るのです。
(二次性徴という身体的な理由もありますが。)

黒田俊介さんは身長が193cmもあるそうです。
よって統計的には長い声帯をお持ちだという説明がつきます。
実際に彼の声を聴くと、低く野太い声を出していらっしゃいます。

高音はボイトレ・訓練によって伸ばす事ができますが、
低音は、声帯の長さを物理的にそれ以上伸ばす事ができず、
訓練では広がらないという特徴があります。

もし声が低くて悩んでらっしゃる方は、むしろそれは誇るべき長所なのです。

声と息のバランス調整が絶妙

プロフェッショナルな方なので当然なのですが、
「声」と「息」のバランスが絶妙に上手です。

声を力強く出す時は、息の割合は少なく、声の輪郭がはっきりとしています。
「息:声」=「1:9」くらいの割合でしょう。

逆にバラードの歌いはじめなどは声に芯がありつつも、
声を伸ばす所などは息を多めに使い、やさしくまろやかな声を作りだしています。
「息:声」=「6:4」 フレーズによっては 「7:3」くらいの時もあります。
これは少しため息に声を乗せているような、安心感を与える響きになります。

歌の強弱にこの「息と声」のバランスを取り入れていただくと、
より雰囲気のある歌が歌えたり、フレーズひとつにしてもきれいに歌い上げる事ができるのです。

是非試してみてはいかがでしょうか?

ブラッシュボイスでは、
生徒さんの声の特性や個性を大切にしています。
それらを活かして、その人にしか歌えない素敵な歌に仕上げていきます。
是非一度、ボイトレ無料体験レッスンにお越し下さい。

株式会社ブラッシュボイス
関東代表ボイストレーナー/鈴木 智大

LINEで送る

関連するボイトレノウハウ

Comments are closed