ミックスボイスとは。出し方・やり方のコツや練習方法、お悩み別の解説記事をまとめてご紹介します。



ボイトレ情報はこちらから一覧・検索が可能です。
ボイストレーニング・ボイトレ方法をまとめました


ミックスボイス(ミドルボイス)の出し方・やり方のコツや練習方法、お悩み(換声点が上手くいかない・声は出るが、弱々しいなど)について改善方法を解説しています。感覚が掴めないという方は是非この解説をご覧ください。

歌手・アーティストさんのミックスボイスについても紹介しております。ミックスボイスを習得したいという方は是非ご質問やボイトレ無料体験レッスンをご利用下さい。

ミックスボイス(ミドルボイス)とは。裏声(ファルセット)との違い

ボイトレ業界には、以下の4つの発声方法しかありません。

1.チェストボイス
胸で共鳴させる発声
2.ミドルボイス
上咽頭から胸にかけて共鳴させる発声
3.ヘッドボイス
裏声などの頭から突き抜けるような発声
4.スーパーヘッドボイス・ホイッスルボイス
ヘッドボイスの強力版

地声はミドルボイス・チェストボイスに分類されます。

では、ミックスボイスとはなにか。

ミックスボイスミドルボイスとも呼ばれる発声方法の一種ですが、実はチェストボイスとミドルボイスとヘッドボイスを全て合わせ持った発声方法です。

【ミックスボイス音源】

ファルセットとも比較してみましょう。

【ファルセット音源】

ミックスボイスを習得したいという方には”高音を出したい”という方が多いでしょう。

高音発声の習得にはこちらの記事も参考にして下さい。
地声の高音発声・裏声・ミックスボイスについて

ファルセット・チェストボイス・ミックスボイス・ウィスパーボイス・ヘッドボイス・ホイッスルボイスについてはこちらで解説しています。
様々な発声方法・発声法 〇〇ボイスについて

ミックスボイスの出し方・やり方やコツ、練習方法とは

ミックスボイスを出すには、ファルセットを鍛えてからトレーニングすることをおすすめします。

また、表声も裏声も、それぞれきれいに安定した発声が出来るように腹式呼吸をマスターすることも求められます。

腹式呼吸やのどの開き方などはチェストボイスやヘッドボイスなどを出す時と同じ状態で出すように心がけてください。また響きに頼りすぎた発声ならないようにどの音程でも均一に声を出すイメージも大切です。

チェストボイスとファルセットを交互に出してみる
エッジボイス(エッヂボイス)で練習する
1オクターブを行き来する
といった練習方法についてこちらの記事で解説していますが、個人個人でアプローチの方法は変わってきますので、発声の様子を見て見ながらボイストレーナーに指導を受けるのが一番の近道と言えるでしょう。

無理のない音域から始めて、チェストボイスが出せる音域の範囲内で徐々に音の高さをあげていきます。そして、それぞれの声質が近づくように意識して繰り返し練習してください。ミックスボイスの時にどのくらい声帯を閉鎖すればよいかの感覚が徐々につかめるようになります。
ミックスボイスの感覚、出し方やトレーニング・練習方法について

換声点 低音~高音、表声・裏声の切替については

「声の裏返りをなくしたい」という声を多く聞きます。裏返るというのは地声で歌っていた声が換声点(かんせいてん)で急に裏声になり、声色が全く変わってしまう状態です。

換声点 低音~高音、表声・裏声の切替については、こちらのページを参考にしてください。
【音源あり】裏声・換声点を強化する発声練習・正しい発声方法を身につけることの大切さ
地声と裏声の中間、切り替えポイント(換声点)での発声がうまくいかない
ミックスボイスからヘッドボイスの換声点をスムーズにする方法
低音のミックスボイスの注意点

ミックスボイスがうまくできない

ミックスボイスが「かすれる」「弱い・小さい」。高音で「喉仏が上がる」「喉が締まる」など、ミックスボイス・チェストボイス・ファルセットで悩みや課題がある場合はそれらを解決する必要も出てくるでしょう。

ミックスボイスが「かすれる」

歌っていると、だんだんと裏声がかすれてきてしまうというお悩みをご相談いただき、お答えしたページがあります。

なぜ裏声がかすれてしまうのか。
1.腹式呼吸ができているか
2.その上で共鳴ができているか
3.声と息のバランス(息の量が多過ぎる)
といった原因を考え、お答えした内容になります。
裏声がかすれてしまう原因と改善するためのトレーニング

ミックスボイスが「弱い・小さい」

高音は出るが、弱々しいというお悩みに返答したページがあります。「通る高音・力強い高音」の発声に必要なトレーニングとは。

高音域で通る声を出すには
①腹式呼吸
②発声時の腹の使い方
③喉と声の状態
④胸・肩・顎の脱力
これらをしっかり行えていることが重要です。
力強い高音、「通る声」を出すためのトレーニング方法とは。

高音で喉仏が上がる・喉が締まる

喉に無駄な力が入ってしまう・・・
すぐに喉が疲れてしまう・・・
喉を締めた発声になってしまう・・・
といった悩みは多く寄せられます。

長時間歌っても疲れにくくするために。
高音の発声で声が嗄れにくくなるために。
「喉を開く」ということが大切です。

こちらの記事で改善のコツや方法をご紹介しています。
高音・ミックスボイスの歌唱中に喉が疲れてしまう原因とは!?
ボイストレーニングの「喉を開く」とは。コツや方法をご紹介。

ミックスボイスを使う歌手・アーティストの例

EXILEや、平井堅さんなど、R&Bを歌われるアーティストさんがよく使われるので、最近はミックスボイスで歌いたいという方が増えてきていますね。

ブラッシュボイスにも多くの質問が寄せられています。是非参考にして下さい。解決しない場合は是非ご質問や無料体験レッスンをご利用下さい!

ミックスボイスの習得なら
まずは60分のボイトレ無料体験レッスン!

清木場俊介さんのミックスボイス
SEKAI NO OWARI ボーカルFukaseさんのミックスボイスについて
RADWIMPS 野田洋次郎さんのミックスボイスと表現力について
Superflyの越智志帆(おちしほ)さんの歌い方・高音発声について
MIWAさんの歌い方・ミックスボイスについて
秦基博さんの歌い方・ミックスボイスについて
B’z/稲葉浩志さんの歌い方
『yasuさんっぽくて、スムーズな歌声』への回答
EXILE ATSUSHIさんの歌い方・ミックスボイスについて
加藤ミリヤさんの歌い方・ミックスボイスについて

キーワードから検索する

キーワードからボイトレ情報を検索できます。

検索しても見つからない場合は、ボイトレ質問フォームよりご質問頂ければ弊社のボイストレーナーがお悩みに応えさせて頂きます。


関連するボイトレノウハウ

Comments are closed