【ボイトレノウハウ9】リップトリル・リップロールの意味、やり方、コツや秒数について



ボイトレ情報はこちらから一覧・検索が可能です。
ボイストレーニング・ボイトレ方法をまとめました


今回は”リップトリル” “リップロール”についてのボイトレノウハウです。
リップトリル(リップロール)は何の為にやるのか、意味やコツ、何秒くらいできればOKなのかをお伝え致します。

先ず先に結論からお伝えします。

  • リップトリル(リップロール)とは口を少しすぼめて閉じて口から息を吐き、唇を高速でパタパタ開閉させる事
  • 表情筋を柔らかくするための行為である
  • 秒数は40秒を目安に実施する
  • コツは息の量を少なくする事

では、早速上記について細かく説明していきます。

このようなボイトレ解説の更新情報はLINEにご登録頂くと最新の更新情報をお送りさせて頂いていますので、是非ご活用下さい。

【LINE登録】

LINEでオトクなボイストレーニング情報を手に入れよう!

さらに今なら、LINE登録をすると無料で「ボイストレーニングの教科書」がダウンロードできます。

ボイストレーニングの教科書についてはこちら

友だち追加

text-book パスワードを下記に入力して、「SUBMIT」ボタンを押し、ダウンロードしてください。

リップトリル・リップロールの意味

皆さん、リップトリル(リップロール)が何かご存知でしょうか?
文章で表現するのは難しいのですが、息を吐きながら唇をバタバタさせる行為です。
※ボイトレの場合のリップトリルは管楽器の唇を使った奏法のリップトリルとはちょっと意味が違いますのであしからず。

リップトリル・リップロールのやり方

リップトリル(リップロール)を全く知らない方からすると、唇をバタバタという表現ではイメージが湧かないかもしれないですが、ハミングで息を吐き出してみてください(要するに口を閉じたまま息を吐く)。
そうすると唇が馬の口みたいにぶるる~~~ってなりますよね。
子供の頃に、こんなふうに遊んだりしませんでしたでしょうか。
それがリップトリルです。

リップトリルは何秒やれば良いのか?

リップトリルは40秒ぐらい続けて欲しいのです。
リップトリルには息だけのものと、声を出しながらのものとがあります。

40秒…かなり長いと思われるかもしれませんね。
でも少ない息の量でリップトリルをやる事で、40秒、さらにはそれ以上も可能なのです。
少ない息で唇をバタバタさせる事が出来ないという事は表情が硬いという事なんです。
歌は力が入っていては上手には歌えません。

もしも、あなたがリップトリルで40秒バタバタさせる事が成功出来たら表情筋は大分柔らかくなってるはずです。
そうすれば声も滑らかになり、器用になるでしょう。

リップトリル・リップロールの効果

息だけではなく、声を出しながらのリップトリルを40秒やった後に歌ってみるとどれだけ楽に力を抜いて歌えるか試してみてはいかがでしょうか。
前述のようにリップトリルを実施すると表情筋が柔らかくなります。
慣れれば大きな力を発揮する練習です

表情筋を柔らかくする事で口角もあがりやすくピッチが取りやすくなるだけではなく、表情豊かに感情表現ができるようになります。
シンガーさんやシンガーソングライターさんはライブの本番前などに舞台袖でリップトリルをやられている光景は珍しくありません。
自宅や外出先でも気軽にできるボイトレの一つですね。

ロングトーンが30秒なら声を使ったリップトリルは40秒を目安に考えて練習をして下さい。
ロングトーンより長くなる理由は、音程を一定に保つ必要が無いので、その分リラックスして力を抜けるからです。
力が抜けるという事は息が長く続くという事になります。

またロングブレスが30秒出来る人は息のみのリップトリルは、これも目安は40秒以上。

なかなか文字だけだと伝わらない部分が多いかもしれません。
何かご質問がありましたら以下から遠慮なくご投稿頂きますか、無料体験レッスンも行っていますのでご興味ありましたらお越しください。。
ご質問フォーム
今後も宜しくお願いします。


関連するボイトレノウハウ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA