竹原ピストル氏の歌い方とボイストレーニング

LINEで送る

いつもレッスンお疲れ様です。
ブラッシュボイス代表ボイストレーナーです。

今日は竹原ピストルさんの歌い方についてボイストレーニングの観点から考察してみたいと思います。

このようなボイトレ解説の更新情報はメルマガにご登録頂くと最新の更新情報をお送りさせて頂いていますので、是非ご活用下さい。

【メルマガ登録フォーム】

メルマガでオトクなボイストレーニング情報を手に入れよう!

さらに今なら、メルマガ登録をすると無料で「ボイストレーニングの教科書」がダウンロードできます

ボイストレーニングの教科書についてはこちら


 

text-book メルマガ登録で届いたパスワードを下記に入力して、「SUBMIT」ボタンを押し、ダウンロードしてください。

アーティストにボイストレーニングは必要?

よく巷では『アーティストにボイストレーニングは必要なんですか?』
とか、
『ボイストレーニングって必ずやらないと歌上手くならないんですか?』
とか、
『●●さんみたいにボイストレーニングを一見やっていなそうなアーティストもいますが、その人もボイストレーニング受けているんでしょうか?』
等々。
そういう様な“ボイトレ不要論”と言っても良いのかな…はい、そういう話は、よく私も聞きますし実際にご質問を受ける事もあります。

ボイトレが必要ではないケース

私はビジネスの立場を無視してボイトレ不要論について考えてみると、確かに必要無い人もいるというのが結論です。分かり易いアーティストでは竹原ピストルさんの様な歌い方をされている場合は必ずしも必要ではないと思うのです。

しかし喉はケアされているのでしょうか。正直分かりません、知り合いでもありませんので。過去にボイストレーニングをやられていたのか…これも分かりません。

ただYoutubeなどで竹原ピストルさんが歌われている動画を拝見する限りではボイストレーニングの要素は散見出来ません。やらなくてもそもそも歌えるというパターンなのです。

そう、やらなくてもそもそも歌える歌手はいます。身体の使い方が歌に関してとても上手なのです。

どういう点で上手なのかと言いますと、全身を使って声を大きく出したり小さく出したり、響かせたり響かせなかったり、という事が勝手に出来るという点が上手。

また竹原ピストルさんは音楽的にも良いですね。ピッチも安定されていますし、グルーブ感も独特のものがあり、アーティストとしての個性を感じます。

ボイトレが必要なケース

逆にボイストレーニングが必要な歌手はどういう方かと言いますと、竹原ピストルさんの様なスタンスで歌を歌わない人です。

また竹原さんもボイストレーニングが全く必要無いか?と言うと、そうも言い切れません。喉のケアという点を考えた際にボイストレーニングが必要になって来ます。

ボイストレーニングは歌唱力や発声能力の向上が主な目的になりますが、同時に喉のケアの方法もレクチャーして行きます。所謂、正しい発声方法を学んで頂く事で喉のケアの方法も学べる。

自分が仮に歌い方を見失って方向性が分からなくなった時は、基本を学んでいる事によって、いったん基本に立ち返り方針を再度調整する事が可能です。まぁしかし、その調整すら必要無いアーティストがいる事も事実です。

声は変化して行くものであり、喉が潰れたならそれも個性なのだから、それでいいじゃないか。そういうスタンスって有りだと思いますし、その場合は本当にボイストレーニングは不要かと。

ただボイトレ不要論で押し通せるアーティストはプロの業界でも結構珍しいです。所謂正しい発声とは何か?をしっかり理解した上で自由に声を出してみるというのが鉄板です。

今日は竹原ピストルさんとボイストレーニングを照らし合わせながら話しを進めてみました。

LINEで送る

関連するボイトレノウハウ

Comments are closed