『マツコ&有吉の怒り新党』でのボイストレーニング解説について


皆さん、いつもボイストレーニングお疲れ様です。
ブラッシュボイスでボイストレーナーを担当させて頂いております、皆川と申します。

『マツコ&有吉の怒り新党』でのボイストレーニング解説

2016年10月5日 にテレビ朝日さんの『マツコ&有吉の怒り新党』という番組にブラッシュボイスを取り上げて頂きました!

image001


カラオケでよく問われる、『ビブラート』『こぶし』『フォール』『しゃくり』『ロングトーン』を、実際に私が番組内にて実演させて頂き、VTRのオンエアーにて出演させて頂きました。
写真は私、皆川と私を撮影して下さったテレビカメラマンさんです。
写真は何となく別のスタッフさんに撮って頂きました。

番組制作の方々から頂いていたご質問は全部で5つです。
先程も書いたように『ビブラート』『こぶし』『フォール』『しゃくり』『ロングトーン』です。
実演したものは5つあり、番組の時間の都合上少しカットになった部分もありましたが、ご質問を受けた内容に対する回答を文章として以下に記録します。

1:ビブラート

ビブラートはある一定の音をまっすぐ発声する場合に、半音に満たない程度の音の揺れを上下に急速に掛けるものをビブラートと言います。

2:こぶし

こぶしは演歌歌手や民謡を歌われる方がビブラートとは全く異なる形で、ハッキリした音程に激しく素早く動いて歌を表現する手法です。
『天城越え』のラストの部分などがそのこぶしに当たります。
力強く音程を極端に、尚且つスマートに上下させるのです。

3:フォール

読んで字の如く、落っこちるというものです。
声が落ちるんですね。
ですからあくびをする時も「ふぁ~~~ぁ」となるわけで、音が落ちて行きます。
歌の中で声を落っことす事をフォールと言います。
しゃくり反対です。
プロフェッショナルな現場ではフォールは別名グリスダウンとも言われております。

4:しゃくり

しゃくりは別名グリスアップとも言いますが、しゃくりに関してはプロフェッショナルな現場でもよく使われる単語ですね。
方法は簡単で…例えば運動会などの子供の徒競走で親御さんが「よーし、よーし、よーし、いけ!」と言う場合普通は「よぉ↑し、よぉ↑し、よぉ↑し」と音が上がって行きますよね(テンションも高くなるから)。
これがしゃくりですが文章で説明すると難しいですね。
本来は実演したい所です。
よくやられているアーティストさんを挙げれば切りがございませんが、吉田美和さん、椎名林檎さん、稲葉浩志さんは分かり易いですね、一番高い音域部分でよくやられています。

5:ロングトーン

ある一定の音を真っすぐ、ビブラートも掛けないで、息の量も多くなったり少なくなったりしないで、声がユラユラ揺れないで20秒程度発声し続ける事が出来るものがボイストレーニング上のロングトーン

しかし、歌の中では長く伸ばすと言っても、、、時間で言えばたかがしれているかもしれませんね。
最近の玉置浩二さんは比較的真っすぐな歌い方(あまりビブラートを使わない)をされているので、ロングトーンで歌われている例かと考えます。

意外に思われるかもしれませんが、ロングトーン(真っすぐ歌う)事は難易度が高いです。
ビブラートは掛けたくなくても掛かってしまう事が多々あるのですが、意図的にビブラートを掛けないでロングトーンで真っすぐ歌うというのは大変なのです。

腹式呼吸で横隔膜を押し上げながら発声をする際にビブラート以上に息を使う安定感が求められるからというのが、理由の一つです。

以上になります。
今後も、私皆川が記事を現場から学んだ事や、共有したい事など、記事を更新する事もあると思いますが。
ひとつご贔屓にご拝読頂ければ幸甚です。

どうぞ宜しくお願い致します。
ボイトレ無料体験レッスンなどでも是非お会いしましょうね。

㈱ブラッシュボイス
ボイストレーナー/皆川 美幸(MIYUKI MINAGAWA)


関連するボイトレノウハウ

Comments are closed