発声練習・腹式呼吸の習得におすすめのトレーニング方法

LINEで送る

こんにちは。ブラッシュボイス・関東代表ボイストレーナーの鈴木智大です。

歌や発声において基礎であり重要な腹式呼吸ですが、長年ボーカルをやっている方の中にも苦手な方はとても多くいらっしゃいます。
音程や声量は問題ないが、呼吸が不安、といった具合です。

・腹式呼吸は何故重要なのか?
・腹式呼吸を使わないとどのような事がおきるのか?
・腹筋は必要なのか?

ポイントを解りやすく一つずつ、ボイトレの観点から解説させていただきます。

このようなボイトレ解説の更新情報はメルマガにご登録頂くと最新の更新情報をお送りさせて頂いていますので、是非ご活用下さい。

【メルマガ登録フォーム】

メルマガでオトクなボイストレーニング情報を手に入れよう!

さらに今なら、メルマガ登録をすると無料で「ボイストレーニングの教科書」がダウンロードできます

ボイストレーニングの教科書についてはこちら


 

text-book メルマガ登録で届いたパスワードを下記に入力して、「SUBMIT」ボタンを押し、ダウンロードしてください。

腹式呼吸や腹筋の鍛え方、筋トレ方法、その必要性など

腹式呼吸の必要性

歌や発声では腹式呼吸がとても大切です。では腹式呼吸を使わないとどのような事になるか?

一つは喉声、です。
腹式呼吸が出来ないと胸式呼吸になり、肩や胸、顎に力が入ってしまいます。

すると力技で声を出そうとしてしまうという結果になります。
特に高い声は強い力が加わり、結果喉を壊してしまいます。

呼吸の仕方一つで喉にも大きな影響があるので、正しい腹式呼吸を使うということは、とても重要であると言えます。

腹式呼吸の練習方法

初めは吸い込み過ぎると失敗しますので、吐いた息を補うという捉え方で練習しましょう。まずお腹を凹ませながら、これ以上吐けないとなるまで、息を吐き切ります。

するとお腹に力が入った状態になりますので、その力を一気に脱力します。
すると、お腹が元通りになると同時に(膨らむと同時に)、空気が身体の中に入ってきます。

そしてまた吐いていくという流れを繰り返し行って下さい。
ポイントは吐ききるまで吐く、という点です。
吐ききるまで吐くことで、腹式呼吸に必要な横隔膜が鍛えられ、より腹式呼吸に慣れていくはずです。

腹式呼吸に慣れないと、自然に腹式呼吸を使うことは難しいため、最初は意識して行わなければなりませんが、繰り返し行うことで無意識レベルで行えるようにしましょう。

腹筋の必要性と鍛え方

腹式呼吸や発声、歌唱において腹筋は果たしてどれほど必要なのか?
答えは、日常生活に必要な筋肉が備わっていれば問題なし、です。

裏を返せば、日常生活に支障が出るくらい筋力が無い場合は鍛えた方が良いです。
例えば腹筋だけでは起き上がれない、などです。

ボイストレーナーの中には、腹筋はバキバキに鍛えないとだめ、と言う方もいるようですが、鍛えすぎるとお腹周りが硬くなって逆に響く声が出しづらくなる場合もありますので注意です。

ツアーを頻繁に周るアーティストさんなどは、体力維持のためにある程度鍛える必要はありますが、そうでない限りはそこまで腹筋は必要ありません。

腹筋を鍛える場合はどのようにして鍛えれば良いか。それには発声においてどの筋肉が必要なのかを知る必要があります。

●腹横筋
●腹直筋
●下腹部筋肉

主にこの辺りの筋肉が使われます。
仰向けでの足上げ腹筋運動、これは下腹部の筋肉を鍛える効果があります。

また、横向に寝そべった状態から起き上がると横腹が鍛えられ、腹横筋トレーニングになります。
腹直筋は、皆さんよくご存知の、仰向け状態で足を軽く曲げ、起き上がる動作を繰り返すトレーニングですね。

腰を痛めている場合はやお腹周りが不調の場合は控えるようにして下さい。
無理しない範囲で行うようにしましょう。

まとめ

いかがでしょうか?腹式呼吸の必要性、腹筋の必要性を解説させていただきました。
ブラッシュボイスでは、無理のない範囲での腹筋トレーニングと、その効果がどれほどあるのか体感していただけるレッスンも行っております。

是非お気軽にボイトレ無料体験レッスンにお越し下さい。

株式会社ブラッシュボイス
関東代表ボイストレーナー/鈴木 智大

LINEで送る

関連するボイトレノウハウ

Comments are closed